高床式砂栽培農業施設 トレファーム

トレファーム®(高床式砂栽培農業施設)

TOPICS  2017.09.01

高床式砂栽培農業施設を活用した「シェアリング農業」の実証事業をけいはんな学園都市で開始しました。

実証概要

  1. 栽培環境データ(温度・湿度・灌水等)と作業状態データ(作業に関する嗜好性や身体的負担等)を収集し、圃場管理や作業者の招集がインターネットを介して統合的に行われるシステムを構築する。
  2. サポーター(作業者)が予めシステムに入力した希望作業時間・内容と農園主の栽培計画とを システムがマッチングさせ、自動的にサポーターへ招集メールを発信する。
  3. 東レ株式会社のウェアラブルセンサー「hitoe®」から得られた作業時のバイタルデータは、サポーターが参照してより適切な作業の選択に役立てられる。
  4. 灌水の不足やサポーターの体調など、異常を感知すると、システムは農園主に自動で異常メッセージを発信する。
  5. 農園の画像や環境データ、また、サポーターの感想や意見等をシステム上で農園主とサポーターがリアルタイムに共有化し、農園の「見える化」を図る。

新たな農業を生み出す高床式砂栽培農業施設

トレファーム®は、建設技術を活用した新たな農業施設です。トレファーム®は建築用の錆に強い鋼性角パイプを使用した強度の高いハウスです。農業ベッドは高さ調整も可能な建築用の足場を活用した高床式とし、腰をかがめることなく農作業の負担を軽減します。また、足場を繋ぎ合わせることで農業ベッドを多段積みにすることで、培地を増やすことが可能です。砂栽培農業は特別な農具や機材を必要としないため(はさみ・ヘラ程度)、高齢者の方、障がい者の方、農業が初心者の方でも安全・安心に農作業することができます。

  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム
    ■施設構成(外観)
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム
    ■施設構成(内観)

作業負担の軽減・省力化を実現した設備

高床式砂栽培農業施設 トレファーム高床式農業ベッド

高床式農業ベッド

建築用の足場の技術を活用した高床式農業ベッドは、(株)茂広組と共同開発し2014年に特許を取得。高さ調整機能が付いた足場を利用することで、高低差のある土地や農業に不向きな場所でも農業ベッドを水平に設置することが可能です。また、足場を繋ぎ合わせることで農業ベッドを多段積みにすることが可能で、培地を拡大することができます。
(2014年1月に特許取得:プランター及び農業用ベッド)

    高床式砂栽培農業施設 トレファーム
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム
    ■トレファーム®の場合
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム
    ■通常のハウス栽培の場合
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム
    ■通常のハウス栽培の場合
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム 高床式農業ベッド
    建築現場で使用する足場の技術を活用した農業ベッドです。
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム ベッドの高さ調整が可能
    高さが調整可能なジャッキ機能付き。高低差のある場所でも水平を保つことができます。
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム 多段積みを可能にした構造
    換気効率を大幅に向上させる高さのある角パイプハウス。多段積みも可能となり生産効率が向上します。

建設技術を活用した農業ハウス

高床式砂栽培農業施設 トレファーム段差のある土地で連結させたトレファーム®の設置例

高低差のある土地や農業に不向きな場所でも設置可能

建設技術を活用したトレファーム®は、錆に強く、強度の高い角パイプハウスです。農業に不向きな傾斜地や高低差のある土地、作物が育ちにくい土地、空地・駐車場など場所を選ばず設置することができます。また、2つの角パイプハウスを連結することで、培地となるスペースを拡大し限られた敷地を有効活用することができます。

    高床式砂栽培農業施設 トレファーム
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム
    ■トレファーム®の場合
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム
    ■通常のハウス栽培の場合
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム
    ■通常のハウス栽培の場合
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム 鋼性角パイプを使用
    建築用の鋼性角パイプは高強度・高耐力。錆に強く栽培に適した大空間を実現します。
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム ハウスとベッドをつなぐことで強風に対応
    ハウスのフレームとベッドを緊結することにより、強風にも耐える農業ハウスです。
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム 施工中の多段積み農業ベッド
    くさび緊結式足場を活用したベッドであるため、施工中の足場を利用して作業床を設置することが可能です。
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム 東レの防草シートを採用
    丈夫な東レ防草シートを用いることにより、ハウス内の雑草の抑制に効果があります。

快適な栽培環境を作り出すための様々な設備

  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム 自動灌水設備
    水・液肥は自動灌水設備で供給。初心者でも最適な根圏環境が実現できます。
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム 灌水チューブ
    自動灌水設備から送られてくる水・液肥を灌水チューブから適切な量で散水します。
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム 自動遮光カーテン
    温度センサーによりハウス内の温度を感知し、必要に応じて遮光カーテンを自動開閉します。
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム 自動換気ファン
    換気ファンによってハウス内の空気を循環させ、適切な栽培環境を作ります。
  • 高床式砂栽培農業施設 トレファーム 自動制御付コントロールパネル
    ハウス内の各設備を自動制御するコントロールパネルです。

高床式砂栽培の特徴

高床式砂栽培

高床式砂栽培は特別な農具や機材を必要としないため(はさみ・ヘラ程度)、高齢者や障がい者、初心者の方でも安全・安心に農作業ができます。高床式であることから腰をかがめず作業することができ、身体への負担を軽減します。またランニングコストが安く、メンテナンスも容易です。

詳しい情報は「高床式砂栽培のメリット」をご覧ください。

新たな農業を生み出すトレファーム®

東レ建設はこれまで培ってきた建設技術を最大限に活かし、「農業」「福祉(高齢者・障がい者)」「コミュニティ形成・活性化」のテーマに向け、各分野の企業団体とも連携し、「トレファーム®」による「新たな農業」を展開します。すでに総合商社・双日(株)が設立した農業法人「マイベジタブル」(千葉市緑区)など、全国の農園や就労支援施設に導入されています。

  • 高齢者の方々がいつまでも働ける
  • 障がい者の方々が健常者の方々と一緒に雇用される
  • 作物を育てることで健康な心を養い生き生きとした(老後も含めた)生活の場を創出する
  • 食の安全を確保しながら地産地消の新鮮でおいしい採れたての野菜を安定的に供給する
  • 過疎の進む農村で農業を軸に据えた村おこしをする
  • 市場の動向を見据え生鮮野菜をタイムリーに栽培する
高床式砂栽培農業施設 トレファーム
  • 高齢者・障がい者が
    日本の農業を再生する

    腰をかがめず農業機材を使用しない軽作業のため、負担も少なく安全。高齢者・障がい者(車椅子でも可)の方々の新たな雇用の場を創出。また、就労支援事業やリハビリ施設としても活用することができます。

  • (株)国際電気通信基礎技術研究所(ATR)

  • 情報通信技術による
    新たなライフイノベーションを探求

    「農業と脳の関わり」について脳情報科学の最先端企業(株)国際電気通信基礎技術研究所・(株)ATR-Promotionsと連携。
    トレファーム®での農作業が脳の活性化やストレス軽減につながることをホルモンの増減により実証実験中。

トレファーム®を活用した事例

泉南市との取り組み(2016年2月)

泉南市との取り組み(2016年2月)

大阪府泉南市が実施する地方創生事業「産官学連携まち・海・里山活性化推進事業」のひとつとして、泉南市と連携し「体験型砂栽培プラント(トレファーム®)」を泉南市信達市場(泉南市)に整備しました。泉南市では産官学連携により、それぞれの知識、経験、ネットワーク及び財源を活用した事業展開を図り、より効果の高い地方創生事業を推進しています。「体験型砂栽培プラント」は、泉南市内(泉州地域)の農家・企業に砂栽培の見学・体験機会を設け、泉南市農業を次世代に引き継ぐ「担い手」の確保、耕作放棄地の抑制等による秩序ある農的土地利用の展開、並びに将来 世代に引き継ぐ農業生産基盤の維持、将来にわたり、地場産作物の安定供給化など里山からの恵みを市街地(まち)が享受できる仕組みを維持・強化が期待されます。

UR都市機構との取り組み(2016年3月)

UR都市機構との取り組み(2016年3月)

UR都市機構(独立行政法人都市再生機構)と連携し、トレファーム®を福岡県宗像市(むなかたし)日の里団地内(全1,553戸)に整備しました。本団地において高齢者や若年世帯、子どもも一緒に取組める機会を提供するために「食と農」をテーマに当社と連携した試行的な取り組みがスタート。UR都市機構では、「多様な世代が生き生きと暮らし続けられる住まい・まちづくり」を目指し、団地を中心として住み慣れた地域で最後まで住み続けられることができる環境を実現するため、地域医療福祉拠点の形成を目指し地域公共団体・自治会等の地域関係者等と連携して総合的に推進しています。また、今後の他団地も視野に入れて、本取り組みによる生きがい創出の場の提供やミクストコミュニティ形成の実践の状況等調査し、将来的には団地居住者による団地産の野菜・果物を団地及び周辺地域に流通させるとともに、それらを軸にしたコミュニティの醸成が期待されます。

お問い合わせ

電子メールでのご相談はこちらからご利用可能です。
専用フォームがご利用いただけます。

カタログ・パンフレットダウンロード

トレファーム®に関する最新カタログをダウンロードできます。(PDF形式)
※PDFファイルを印刷される際は印刷環境により実際の製品と色合いが異なる場合がございます。予めご了承ください。

  • 今までにない感動を。新しい価値を創造する、東レ建設。