環境への取り組み

人に地球にやさしい環境に配慮した住まいを提供します

地球温暖化を中心に環境問題・エネルギー問題が大きくクローズアップされ、社会で重要な課題として対応が求められています。不動産事業では東レグループの総合力と技術力を駆使し、冷暖房効果を高める断熱対策をはじめ、太陽光発電システムや家庭用燃料電池エネファームの導入、電気消費量を見える化するMEMSの採用など、地球環境にも配慮した住まいづくりに取り組みます。さらに、スマートマンション事業をはじめ環境に配慮した住まいを積極的に展開してまいります。

省エネルギー・エコ

太陽光発電システムや電力の見える化などの先進のエコシステムを採用しています。

太陽の光エネルギーを電気に変える太陽光発電システム

太陽光発電システム

マンションの屋上や敷地内に太陽光発電パネルを設置。
共用部の電力などに利用できるシステムを積極的に採用しています。
化石燃料などで発生するCO2の発生量を抑えることでクリーンエネルギーを生産し、CO2削減により地球の温暖化現象の抑制などに貢献しています。

建物内部にカラーモニターを設置して発電量やCO2削減量などの数値を見える化しています。

ご家庭の電気料金を削減する高圧電力一括受電

高圧電力一括受電

「電力一括受電システム」とは、一般のマンションにおける世帯単位で個別に地域の電力会社と契約するものと異なり、大口需要家向けに供給される高圧契約をマンションに導入し各家庭の電気料金単価が安くなります。この電気料金の差を利用して電気代を削減するシステムです。

マンションの建物内で使用する電力消費量等を見える化するMEMS

マンションの建物内で使用する電力消費量等を見える化するMEMS

MEMS(マンション・エネルギー・マネジメント・システム)とは、マンションの各家庭で使用する電気消費量などを計測蓄積し、導入拠点や遠隔での「見える化」を図り、空調・照明などの家電製品の制御やデマンドピークを抑制・制御する機能を有するシステムです。

マンション内電力融通システム「T-グリッドシステム」

マンション内電力融通システム「T-グリッドシステム」

「T-グリッドシステム」では、家庭用燃料電池システム「エネファーム」により、マンション内の各ご家庭で電気の融通を行います。分譲マンションとしては日本初となるシステムです。
「エネファーム」は発電出力に上限があります。電力需要がその上限を超えた場合、他のご家庭で発電余力がある「エネファーム」から電気を融通してもらい、電気を使用できます。
この「T-グリッドシステム」により、地域の電力会社から購入する電気の量を削減することができます。

電力を蓄えて利用するソーラー庭園灯

ソーラー庭園灯

ソーラーパネルを装備した庭園灯等では、昼間に太陽光で蓄電した電気を夜間の照明に利用します。
電気の購入を必要としない地球にやさしい照明システムです。

  • 風力発電システム

    庭園灯や共用部電源の一部を、風力発電システムでも賄っています。
    太陽光発電と組み合わせることで、クリーンエネルギーの活用に貢献しています。

  • LED 照明器具

    電球切れの心配もなく、熱放射や消費電力も極めて少ないので、ランニングコストを低減します。

  • 省エネ型蛍光灯

    白熱球よりも消費電力を抑え長寿命、しかもコンパクトで光に熱を含まないLEDは省エネ光源として注目されています。

  • キッチン・ディスポーザ

    シンクにセットされたディスポーザで生ゴミの一部を粉砕します。生ゴミを衛生的に処理し、ゴミ排出量を大きく削減できます。焼却処理されるゴミの量を抑制し、環境負荷の低減を実現しています。

  • 食器洗い乾燥機

    手洗いによる使用水量よりもより少ない水量でキレイに洗えるので家事負担も軽減できるうれしいアイテムです。

  • 保温浴槽

    浴槽の周囲に断熱材を施すことで湯温の低下を長時間にわたり抑制し、光熱費の削減に役立ちます。

  • 節水型便器

    トイレの使用水量を約6リットルに抑える節水タイプです。また、温水式洗浄便座や汚れの付着を抑制するコーティング処理を実施しているのでお手入れも簡単です。

  • 省エネ型給湯器

    ガス利用の場合は、潜熱回収型給湯器「エコジョーズ」を導入しています。電化マンションの場合は、大気中のCO2を利用したヒートポンプ型給湯器(貯湯タンク付)の「エコキュート」を採用し、省エネルギー性能に優れた給湯システムをご用意しています。

  • 省エネ型給湯器

    都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させ電気をつくり出します。さらに、発電の際に発生する熱を捨てずにお湯をつくり給湯に利用。エネルギーを有効に活用するシステムです。

環境への配慮

室内や建物の温度上昇を抑制させて消費電力を抑えたり、CO2排出量の削減や自然エネルギーを有効活用するなど、地球環境に配慮した設備をマンションに採用しています。

CO2排出量を抑える電気自動車等 充電用給電スタンド

電気自動車等 充電用給電スタンド

化石燃料の消費やCO2の排出量を抑えることができる電気自動車の普及が増えてきています。
このような電気自動車やプラグインハイブリッド車の充電ができる充電用給電スタンドをマンション敷地内に設置しています。

断熱効果や建物の温度情報を抑制する屋上緑化・壁面緑化

屋上緑化・壁面緑化

マンションの屋上部分や壁面部分を緑化することで断熱効果が高まり、建物の温度上昇を抑制します。
また、光合成によりCO2を吸収するため気温上昇を抑える効果も期待できます。

  • 雨水濾過・再利用システム

    雨水をタンクに貯留し、屋上や庭園の植栽への散水に利用する雨水貯留・再利用システムです。水道に頼らない循環システムで、節水に貢献します。

  • パッシブデザイン

    太陽の光や熱、雨、地中の熱、風などの自然エネルギーを機械の力に頼ることなく最大限利用して快適な住環境をつくりだします。冷暖房の使用を控え、CO2の排出量を抑えることができます。

  • 敷地内緑化

    マンションの敷地内にシンボルツリーなどを植樹して緑視率を向上させて敷地内の気温上昇を抑えます。また、景観にも優しさを添えます。

  • 複層ガラス

    2層のガラスの間にある空気層により、断熱効果を発揮して、冷暖房効率を高めます。また、ガラス面の結露防止にも役立っています。

  • 断熱工法

    最上階の屋根、外気に面する壁などの各所に断熱材を入れることで、外部の冷気や温熱による室内への影響を抑えます。

 

建築環境総合性能評価システム CASBEE(キャスビー)を取得

 CASBEE(キャスビー)

CASBEE(キャスビー)とは省エネルギーや環境負荷が少ない資機材の使用といった環境への配慮や、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建物の品質を総合的に評価されるシステムです。
2001年4月に国土交通省が支援し、産官学共同プロジェクトとして、建築環境・省エネルギー機構内に設置された委員会によって開発されました。

  • 今までにない感動を。新しい価値を創造する、東レ建設。