東レ建設 プレスリリース

2018年8月17日

社会福祉法人 伸こう福祉会
東レ建設株式会社
カゴメ株式会社

経済産業省 平成30年度健康寿命延伸産業創出推進事業
(地域の実情に応じたビジネスモデル確立支援事業)に
「仕事でイキイキ高齢者健康寿命延伸事業」が採択されました。

 社会福祉法人 伸こう福祉会(理事長:足立聖子、神奈川県横浜市、以下「伸こう福祉会」)、東レ建設株式会社(代表取締役社長:冨山元行、大阪府大阪市、以下「東レ建設」)およびカゴメ株式会社(代表取締役社長:寺田直行、愛知県名古屋市、以下「カゴメ」)の3社コンソーシアムによる取り組み、「仕事でイキイキ高齢者健康寿命延伸事業」が、昨年度に引き続き、経済産業省の平成30年度健康寿命延伸産業創出推進事業(地域の実情に応じたビジネスモデル確立支援事業)に採択されましたのでお知らせします。

 「仕事+介護付有料老人ホーム」という新たな高齢者住宅の構築を目指し、昨年度※1は、伸こう福祉会が神奈川県藤沢市で運営する介護付有料老人ホーム「クロスハート湘南台二番館」にお住いの、要支援から要介護3までの高齢者の方々に、東レ建設の「トレファーム®」※2を用いた野菜の栽培や施設内軽作業に「仕事」として有償で取り組んでいただき、健康寿命延伸を目指しました。

 今年度は、伸こう福祉会が神奈川県藤沢市で運営する介護付有料老人ホーム「クロスハート湘南台・藤沢」、「クロスハート石名坂・藤沢」も加えた3施設に対象を拡大し、「仕事」に取り組む高齢者の方々を増やします。
 また、野菜と健康のセミナー※3で実績のあるカゴメとともに、地域住民や地域企業社員を対象に介護、野菜、健康をキーワードとする、高齢者が参加可能なセミナープログラムを開発し、新たな「仕事」づくりを進めます。「仕事」を通じて高齢者のコミュニケーションの機会を増やすことで、高齢者の健康寿命を延伸するとともに、「仕事付高齢者向け住宅」の魅力を社会に発信できればと考えております。

 経済産業省が提唱する「仕事付高齢者向け住宅」のモデルの一つとして、また、神奈川県が進める「未病産業」を担う事業として、今年度も本事業を推進し、地域に根差したヘルスケア産業創出への貢献を目指します。

※1.昨年度の事業の様子

昨年度の報告書は次のURLをご覧ください。
http://www.meti.go.jp/policy/mono_info_service/healthcare/downloadfiles/H29_houkokusyo3_tiiki_pr.pdf

※2 高床式砂栽培農業施設“トレファーム®” 高床式のベッドで、砂を培地とし液肥で野菜を栽培する農業施設です。砂の軽い質感と腰をかがめない作業により、農作業が軽労となり大型農機具も必要としない農業施設です。ご高齢の方や農業が初めての方にも、たのしく、楽に、安全に作業いただけることから、「緩やかな就労」の機会を提供できる「就農施設」として期待されています。

※3 カゴメのセミナー事業 「健康寿命延伸」という社会課題解決に貢献するため、主に法人や自治体に対して、トマトを中心とする野菜の研究活動で培った知見やお客様とのコミュニケーション活動で培った提案力を活かした「健康サポートプログラム」「セミナー」「メニューレシピ」などのコンテンツを提供しています。カゴメ管理栄養士による専門チーム「野菜と生活 管理栄養士ラボ」では、野菜の彩りで毎日のカラダとココロを笑顔にするセミナー活動を行っています。

以上

  • 今までにない感動を。新しい価値を創造する、東レ建設。