女性活躍推進法

女性活躍推進法に対する行動計画について

個別キャリアプランの策定と確実な実行およびキャリア形成の意識強化に取り組むことにより、女性管理職数の確実な増加に結びつけるため、以下の行動計画を策定する。

  1. 計画期間 2016年4月1日~2026年3月31日までの10年間
  2. 当社の課題
    当社は従来から仕事と家庭を両立しながら継続勤務する土壌を整えてきたことから、継続勤務年数には問題はない。建設業の管理職に占める女性労働者の割合の平均値は1%程度であり、当社の現状は2.9%と上回っているが、管理職に占める女性割合は、依然として低い。
  3. 数値目標
    個別キャリアプランの策定と確実な実行およびキャリア形成の意識強化に取り組むことにより、管理職に占める女性の割合を高めていくことを目標とする。
    具体的目標として、2026年度までの10年間で管理職に占める女性の割合を5%程度まで高めることを目標とする。
  4. 取り組み内容
    1. (1) 個別キャリアプランの策定と確実な実行
      <毎年9月~>
      目標管理制度における個別面談実施にあわせて策定を依頼し、結果を策定部署 および人事課ですり合わせ、確実に実行状況をフォローする。
      <毎年3・4月~>
      社内の重要会議で、実行状況を報告する。
    2. (2) キャリア形成の意識強化に向けた研修強化
      <2016年度~>
      女性管理・専門職研修、女性総合職研修の実施について検討を開始する。

← 新卒採用情報に戻る

  • 今までにない感動を。新しい価値を創造する、東レ建設。